球人カフェ
野球を中心にしたエッセイ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレイオフ
 プロ野球のペナントレースが大詰めを迎えてきました。
セ・リーグは阪神が優勝へM11(9/16終了現在)。
一方パ・リーグは、プレーオフを懸けて西武とオリックスが
熾烈な3位争いを繰り広げています。

導入初年の昨年の事を考えると、その目新しさと期待が相まって
マスコミの関心も従来のパ・リーグ以上に集まったようです。

今年は現時点で1位のソフトバンクと2位ロッテとの差は5ゲーム。
ところが2位ロッテと3位西武との差はなんと18ゲーム。
ソフトバンクから見ると実に23ゲームの差。

仮にこのままのゲーム差でプレーオフに入ったとして、
もしソフトバンクが西武に敗れてリーグ優勝を逃すという事になれば、
あれだけのゲーム差は一体何だったんだということになってしまいます。

1位から3位までの差がそれほどでなければ納得はできますが、
このゲーム差でのプレーオフは心情的に納得できません。

 セ・リーグも、来年か再来年ぐらいにはパ・リーグと似たようなプレーオフ導入を検討し始めているようです。
そこでこれを機に、もう一度この制度の方法を考え直してみてはどうでしょうか。

そこで私も以下のような事を妄想してみました。


[READ MORE...]
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。