球人カフェ
野球を中心にしたエッセイ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城島選手マリナーズへ
城島健司捕手がマリナーズと21日に正式契約した。
捕手としての初めての日本人メジャーリーガーとなった。

日本人選手の活躍を何よりも楽しみにしている私にとっては
城島選手が加入する事でマリナーズは強くなるのではないかという
期待感を持っている。
ただの予感に過ぎないのだが
今はそれでもいいと思っている。

マリナーズはこの2年間、
イチロー選手がどんなに打って、走って、守っても勝利できず
2年連続の最下位に甘んじてしまった。
彼を応援している私にとっては、
マリナーズの低迷は歯痒い思い以外の何者でもなかった。
常にチームの勝利を第1に考えてきた彼にとって、
勝利に対する貪欲さを失っている今のチーム状態は、私の思い以上に
耐え難い現実であったであろう。

「マリナーズを城島選手が変えてくれるのではないだろうか。」

ソフトバンクでのチームを引っ張る精神的主柱は、
間違いなく彼だった。
キャッチャーというポジションが彼をそのようにさせていたのか、
あるいは彼本来の性格にチームを引っ張る強さが備えられていたのだろうか。
おそらく後者であろう。

取りざたされている言葉の壁など問題ない。
彼はチームの空気を変えるだろう。
そんな気がする。
いや、そう思いたい。

チームが勝利し握手する城島とイチロー。
そんな情景を今から思い浮かべている。

1ファンとして城島選手のマリナーズ入団を心から祝福したい。

スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

ボビー・バレンタイン監督の正力賞受賞
千葉ロッテマリーンズが圧倒的な強さで制した日本シリーズの余韻が、
いまだ冷めぬ中ボビー・バレンタイン監督が正力松太郎賞を受賞した。
外国人では初めての受賞だそうである。

昨日、NHKで監督の今シーズンの活躍とともに
野球に対する独自の考え方と人身把握術について放送していた。

彼の采配の中で
「なるほどそういうことだったのか!」
と感心したことがあった。
マリーンズの打順についてである。

実は4番のサブローはランナーを帰す大砲ではなく、
つなぎのための4番だという事の意味がよくわからなかった。

ところがそこには一般的野球の常識からは思いつかない
彼のアイデアがあった。
何番から攻撃が始まっても得点できる
ほぼ切れ目の無い打線を構築していた。

1番西岡が出塁~3番里崎がランナーを帰す。
4番サブローが出塁して打線をつなげる~6番ベニー、7番イ・スンヨプがランナーを帰す。

従来の4番に大砲を置く打順が機能できるのは
はっきりいえば初回の攻撃だけだが、
この打線ではどの回の攻撃でも打線の得点力は期待できる。

「野球の常識を疑え!」

彼のこの工夫が得点力をアップさせ、
ファンもその切れ目の無い攻撃力の魅力を楽しんでいた。
これはバレンタイン監督のファンに対する
一流のファンサービスではなかろうか。

今江選手を見出し、
彼が1軍で定着するまで決してファームには落とさないと約束し、
その才能を開花させた経緯は感動的だった。

名監督には
スターを見出す眼力と
その選手が活躍できるための活用術、
どんな状況でもその選手を使い続ける忍耐力と、
選手もそれに応えようとさせる人心把握術を持っていることが重要な条件のようだ。

以前、イチロー選手を見出し開花させた仰木監督、
そして今回の今江選手を見出し開花させたバレンタイン監督。
2人の監督には共通点があるようである。

「名監督のそばに名選手あり」

そういえば今江選手もその笑顔が、
なんとなくイチロー選手の笑顔と似ている。
まったくの主観で恐縮だが両選手の意外な共通点だ。

今回のバレンタイン監督の受賞は、
日本一の監督としての受賞というよりも
野球の新たな可能性を実証してみせた功績と、
選手とファンに野球の楽しさを体験させた実績を称える
意味での受賞に他ならない。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。