球人カフェ
野球を中心にしたエッセイ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も終わり
今年もあとわずかな時間で終わりです。

今月に入りWBCについて書こうとしていたら
松井の出場辞退のニュースを聞き、すっかり意気消沈してしまいました。
おかげで筆が進まなくなり、時間だけが過ぎて
今日に至ってしまいました。

1年目のブログはあまり書けませんでしたが、
来年はもっと書けるように努めていきます。

それでは皆様よいお年をお迎えください!

スポンサーサイト
名将・仰木彬監督逝く
15日、仰木彬元オリックス監督が亡くなられた。

翌日の朝のニュースでそのことを知ったその瞬間、
頭の中が真っ白になり、しばらく放心状態で動けなくていた。

衝撃だった。
「これで心から応援できる監督がいなくなってしまった」。

昨年、病を患いながらも
「グランドで倒れれば本望」
として監督を引き受け、
結果的にこの激務が死の引き金になった。

仰木監督の選手の資質を見抜き、育てる才能は飛びぬけていた。
過去に野茂、イチロー、田口をはじめとするスターを育て、
日本一にも輝いた。

選手としては西鉄ライオンズ時代、名将三原監督という師にも恵まれていた。
その三原監督から学んだ采配術は、常に選手から信頼され、
仰木マジックと称されるまでに絶賛された。

私自身が、リアルタイムで知る限りすばらしいかったと思える3本の指に入る監督は
西本幸雄氏、上田利治氏、そしてこの仰木彬監督だった。
その監督が亡くなられて残念でならない。
実のところ来年3月のWBCの監督には仰木監督がなって欲しいと密かに願っていた。

仰木監督のここに至るまでの生き様はすばらしかった。
いや美しいと言った方が当てはまるかもしれない。
好きな野球のために生きて、
好きな野球のために死んだ。
誠に羨ましい人生だった。

仰木彬監督のご冥福を心よりお祈り致します。


テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

タイガース球団株上場・楽天・TBS経営統合問題に思う
このシーズンオフ、プロ野球界が揺れている。
タイガース球団の株式上場問題、楽天のTBS経営統合による複数球団株保有問題。

まずは村上ファンドがタイガースの親会社である阪神電鉄の株を買占め、タイガースの株式上場を提案した一件。
村上ファンド社長の村上氏が提案したように、
球団が上場すれば、株価の上昇により球団強化の資金が得られる。
さらにファンにとっては、株を購入する事により球団との繋がりが強くなり、
ファンの拡大にもつながるようになる。

しかしその反面、親会社の阪神電鉄にとっては球団自体が、自らの完全支配を離れてしまう。
もし第三者に買い占められた場合には、球団が自らの手を離れることになり
自らの所有物(あるいは広告)としての意味を持たなくなってしまうという懸念を持っている。
阪神電鉄にすれば、ドル箱のタイガースを絶対手離すはずがない。

一方、楽天による横浜の親会社でもあるTBSとの経営統合問題。
これは親会社が他球団の親会社の株を保有する事により、
実質複数の球団を保有する事を禁ずる野球協約に違反するということから、
当事者どうしの利害による対立以上に、第三者のプロ野球界自体が反対している。
私自身も野球協約に違反する事を良しとはしないが、そもそもこの協約自体が球団を所有する親会社を何としても保護するという意識の基に成立している。
昔はさておき、今はその意識が日本のプロ野球界の発展の足かせになっているように思えてならない。

また、この意識が親会社自身にとっても球団保有と本業のビジネスとを別のものとして考えるための、経営者にとって必要な経営判断を鈍らせる要因となっているのではなかろうか。

楽天の三木谷社長も、ITとメディアの融合を事業展開をしていきたいという
本業のビジネスでこの提案をしたのだと思う。
ところがたまたまTBSが横浜の親会社であったことから野球協約に触れると判断され、
このことがその障害の一因になってしまった。
楽天にすれば球団を保有している事が、
かえって自らのビジネスチャンスを閉ざす要因となっている。
球団に固執せず、ビジネスはビジネスとしてもっとドライに考えられないのだろうか。

楽天とTBSの一件は、球団保有とそれによるビジネスへの影響を現実の問題として各親会社に突きつけ、さらに今後も検討されるであろう。

以上、どちらの問題も球団を親会社が自らの持ち物であるという強烈な意識があるゆえの結果であると考えている。
それではいつまで経ってもプロ野球界からは親会社の枠を超えた柔軟な発想は出てこない。
昨年の近鉄とオリックスの合併問題はまさにそのものだった。
親会社はもうこの意識を卒業してはどうだろうか。

ファンにとっても彼等自身が、無意識の内に親会社の所有物になってしまっている。
その立場を脱却するためにも我々は大人しくてはダメだ。
これからはファンの側から親会社を問いただすぐらいの姿勢が無ければ球界自体が変わる事はないのでは無かろうか。

ファンのための球団とはどういうものなのだろうか。
我々も真剣に考えなければならない時期に来ている。

タイガースの株式上場問題、楽天・TBSの経営統合問題のニュースを聞くたびに、
その様な事を考えてしまう。



テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。