球人カフェ
野球を中心にしたエッセイ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポスティングシステムは本当にプロ野球を衰退させるか
このオフに松坂をはじめ幾人かがメジャーへの移籍をほぼ決定した。
FAではなくポスティングシステムを使っての移籍だった。
ご存知のとおりこのシステムは、それまで所属していた球団が選手を大金で売りに出す方法だ。
これに対して野球評論家たちは、その球団に対して不快感を表したり、このシステム自体が日本のプロ野球を空洞化させる元凶だとして酷評している。

確かに選手を商品として他球団に売りさばくエグイ方法のように見えはするが、本当に評論家たちが言うほどの悪いシステムなのだろうか。

スター選手が日本にいなくなり一時的にはプロ野球が寂しくなる。
短期的には確かにそうかもしれない。
それでも逆に考えれば、各チームの若手選手のチャンスは増え、チームの新陳代謝が良くなるという側面も持っているのではなかろうか。

例えるならばかつてのヤクルトの古田捕手は絶対的な存在だったため
次の若手のキャッチャーには10年以上チャンスが巡ってこなかった。
これでは古田の次の世代のキャッチャーはいつまでたっても育ってこない。(ヤクルトファンの皆さんすいません!)
だからこそそこまでのスターになった選手は本人が希望するのならばメジャー移籍もチームや球界が積極的に容認するべきではないだろうか。

長期的なスパンで考えれば、この考え方は決してプロ野球界のマイナスにはならないと確信している。
選手が日本からアメリカへ、反対にアメリカから日本へ戻ってくるというサイクルが盛んになる事によって日本の野球がもっと成熟していくに違いない。問題のポスティングシステムはある意味その新陳代謝を速める促進剤だと思っている。

それでもプロ野球がメジャーの草刈場になるのではという危惧は確かにある。
でもそれを恐れて球界がメジャー移籍に大きな規制を設けたとしても、選手がより高いレベルを目指そうとする欲求は誰も抑えられないし、ファンもそれをよく分かってくれていると思う。
何がなんでも日本に留めおこうとする行為は球界の衰退につながる。
ましてや野球をサッカーのようなワールドスポーツにしようとしている時代に完全に逆行している。
そのことを野球評論家はもう少し考えてもらいたい。

心配しなくても今の日本の野球レベルならば、次世代のスター選手の人的資源は決して枯渇しないと今は確信している。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kyujincafe.blog24.fc2.com/tb.php/24-0242ca6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。